【脚本家】黒沢久子のwiki経歴&学歴!元新潟テレビ21のアナウンサーだった過去も

脚本家・黒沢久子のwiki経歴・学歴!元美人アナウンサーだった画像

日本のドラマや映画を手がける脚本家の黒沢久子さん。

日本シナリオ作家協会協会の理事を務めるなど、とても優秀な方ですね。

果たして、黒沢久子さんは一体どんな方なのでしょうか?

過去には新潟テレビ21のアナウンサーとして活躍されていたようですね。

そこで今回は、脚本家・黒沢久子さんのwiki経歴・学歴を調査していきます。

目次

脚本家・黒沢久子のwikiプロフィール

プロフィール
  • 名前:黒沢久子
  • 生年月日:1969年
  • 年齢:54〜55歳
  • 出身地:福島県
  • 職業:脚本家、ENBUゼミナール講師・共同組合日本シナリア作家協会理事

1969年福島県出身の黒沢久子さん。

生年月日の詳細な日付は公表されておらず、2024年2月現在で54歳か55歳のどちらかです。

現在、脚本家として活躍されており、テレビドラマや映画の両方の脚本を手がけています。

30本以上もの作品に携わった経験があります。

また脚本家としての活動意外にもENBUゼミナール講師・共同組合日本シナリア作家協会理事として活躍されています。

そんな大活躍の黒沢久子さんの経歴をより深くみていきましょう!

スポンサーリンク

黒沢久子は元新潟テレビ21のアナウンサー

黒沢久子さんは大学卒業後、新潟テレビ21で、3年間アナウンサーとして働いています。

現在、脚本家として活躍されている黒沢久子さん。

大学卒業後に地方局でアナウンサーをしていた異色の経歴の持ち主です。

インタビューにて打ち明けています。

もうずっと昔のことになってしまったので、
もしも、憶えていてくれる方がいたらなんて、
願うのも図々しいことなのですが、
わたしは、以前、新潟テレビ21のアナウンサーでした。

引用:市民映画館をつくる

また、新潟のアナウンサー時代の経験が、脚本家として生きて行く上で役に立っていると言っています。

脚本家なんて、自分の経験を切り売りするような商売ですが、
まさか、新潟のアナウンサー時代の経験が、
こんな形で役に立つだなんて思ってもいなかったことです。

引用:市民映画館をつくる

今でもとても綺麗な黒沢久子さんですので、アナウンサー時代もきっと綺麗で人気があったに違いありませんね。

アナウンサー時代の経験が脚本作りにいい影響を与え、素晴らしい作品を生み出す礎になっているのでしょう!

黒沢久子の経歴

新潟テレビ21で3年間アナウンサーとして働いたのちに、ワーキングホリデーを利用してカナダへ留学。

帰国後「シナリオ作家協会シナリオ講座」を受講し、脚本家として知識を学んでいます。

その知識をもとに、荒井晴彦さんの元で助手として脚本家のキャリアをスタートさせています。

左:荒井晴彦さん 右:黒沢久子さん

黒沢久子さんの脚本家デビュー作は、2004年公開された映画「TOKYO NOIR トウキョーノワール」です。

その後、現在までにテレビドラマや映画の脚本を35本手がけていらっしゃいます。

主な脚本映画作品がこちら。

映画作品
2004年(35歳)TOKYO NOIR トウキョーノワール
2006年(37歳)ソースの小壜 〜重松清「愛妻日記」より〜
2007年(38歳)素敵な夜、ボクにください
2009年(40歳)私は猫ストーカー(脚本兼出演・猫に餌をやっている女 役)
誘拐ラプソディー
2010年(41歳)キャタピラー(出口出と共同脚本)
2011年(42歳)海燕ホテル・ブルー(若松孝二と共同脚本)
2012年(43歳)きいろいゾウ(片岡翔と共同脚本)
2013年(44歳)四十九日のレシピ
2015年(46歳)海のふた
2016年(48歳)花芯、お父さんと伊藤さん
2018年(50歳)私は絶対許さない
2020年(52歳)おかあさんの被爆ピアノ(脚本協力)、ばるぼら

そのほか、テレビドラマや配信ドラマなど多くの作品を手がけています。

2004年から切れ目なく、第一線を走り続けてきた黒沢久子さん。

輝かしい経歴ですね。

そんな黒沢久子さんの出身高校や大学はどこだったのでしょうか?

黒沢久子さんの学歴を調査していきます。

スポンサーリンク

黒沢久子の学歴(出身高校・大学)

日本を代表する脚本家として、第一線を走り続けれる黒沢久子さんの学歴について調査してみました。

それぞれみていきましょう!

黒沢久子の出身高校

結論から申し上げますと、黒沢久子さんの出身高校は公表されておりません。

推測にはなってしまいますが、福島県出身の黒田久子さん。

もしかすると、地元福島の高校を卒業されてのかもしれませんね。

テレビ局に就職したのち、3年後にカナダにワーホリに行かれています。

カナダをワーホリ先に選ばれた理由が、地元福島に似ていたとこだったかもしれませんね。

黒沢久子の出身大学

黒田久子さんの出身大学も公表されておらず、明らかにされておりません。

福島出身の黒田久子さんが選んだ就職先が、新潟テレビ21のアナウンサーでした。

そのことからも、大学は新潟の大学に進んだのかもしれません。

学生時代にゆかりのある土地でのテレビ局を受験したのかもです。

また、テレビ局に入局するほどの黒沢久子さんは、優秀であると言えます。

よって、大学も偏差値の高い大学である可能性がありそうですね。

考えられる大学がこちら。

  • 新潟大学(偏差値48〜69)
  • 新潟県立大学(偏差値50)

もしかしたら、上記の2校だったのかもしれませんね。

新たな情報がありましたら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

【脚本家】黒沢久子のwiki経歴&学歴!元新潟テレビ21のアナウンサーだった過去もまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、脚本家の黒沢久子さんの経歴や学歴について調査してみました。

美人アナウンサーだった経歴があったとは意外でしたね。

これからも脚本家として活躍する黒沢久子さんを応援していきます。

↓↓関連記事↓↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次